五感の中でも、より記憶とリンクするのが『嗅覚』。その嗅覚に直接訴えかけ、企業のブランディング・店舗の売上アップにつなげるのが『アロママーケティング』を得意とする弊社WACのお仕事です。

    お問い合わせはこちら

     

    人にやさしく地球にもやさしい

    バイオミスト関連商品は日本国内にまだなじみの薄い「機能性天然アロマによるマーケティング商品」です。環境の時代を迎えた今、人畜無害な天然アロマで人々や動物の健康をサポートいたします。

    インターネットからお問い合わせ・ご相談
    ネットからのご注文・お問い合わせは24時間受付

    商品一覧

    HOME»  アロママーケティングとは?

    アロママーケティングとは?

    そもそもアロママーケティングって何?

    そもそもアロママーケティングって何?

     

    『良い香り』には理性ではコントロールしきれない感情を呼び起こす力があります。
    それは、『香り』の成分が人の情動や記憶をつかさどる脳の「大脳辺縁系」に直接作用するからです。
    科学的研究によって、欲求やけだるさ、好き嫌い、意欲や独創性などは、この「大脳辺縁系」で作り出されることが実証されています。
    このアロマの力で脳を刺激し、空間演出や販売に直接活用する『アロママーケティング』という考え方が注目されています。

     

    そもそもアロママーケティングって何?

     

    『香り』の力を効果的に使う事で確実に売上UPにつながります!

    1998年、米国における「香りと行動調査」の結果、ショッピング店舗で香りを立てることにより、来訪者の平均店内滞留時間は29%増加し、一人当たりの購買額が23%増加したことが明らかになりました。

     

    売上=客数×リピート率×客単価

    上記の例では、売上の方程式の中の、客単価アップを香りで実践した事になります。

    客数とリピート率を上げた例では、100以上続く某老舗ホテルの例があります。
    こちらのホテルでは、結婚式を検討中の見込み客に対し、オリジナルアロマを同封し資料を送付したところ、1年で100組以上の婚礼実績がアップしました。
    さらには、こちらのアロマを販売したところ、『香り』を目的に訪れるお客様も増え、客数とリピート率をアップさせることに成功しました。

    このように、感情に直接訴えかける『香り』には、売上アップに直接つながる効果が秘められています。

    導入事例もご覧ください!

     

    『香り』の力はビジネスシーンでも活躍します!

    もちろん、売上アップだけでなく、人の心身にも良い影響を与えます。

    2002年に社団法人東洋療法学校協会学会誌には、レモンの香りの効果が作業効率を上げ、誤答率の減少につながることを示す論文が発表されました。
    つまり、レモンの『香り』に包まれて作業をすると、いつもよりはかどる上に、ミスも少ないというわけです。

    集中力アップの『香り』を職場に提供するだけで、従業員の生産性が上がります。

     

     

    メールでのお問い合わせはこちら